読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京地理の覚え方はこれでバッチリ!!新人タクドラさん応援ブログ 1人で悩んじゃいけません!!

私がタクドラ転職をしてもう3年、早いものですね。

そして今年も後わずか。月日が経つのは早すぎですね。

北海道の超ド田舎から縁もゆかりもない東京へ来て3度目

の年末を迎えようとしています。このブログをご覧になって

いる方は、恐らくは新人のタクドラさん、これからタクシー

転職を御検討の方、又は現役だけど地理習得に苦労されて

いる方、そんな方達ではないでしょうか?

 

東京地理教材超基礎編 | ameroad

↑ ↑ クリック

 

www.dlmarket.jp

このブログのテーマは一貫しています。私が皆さまにお伝え

したいことはたった1つ。タクシーって、ほんの少々の努力

さえ惜しまなければ最高の仕事。こんな有難い仕事は他には

ない。(価値観の違いはあるでしょうが)この仕事の魅力

について、1人でも多くの方と共有したい。たったこれだけ。

少々大袈裟かもしれませんが。嫌なことも勿論幾つかあります。

 

タクシーの求人探すなら タクQ

↑ ↑ クリック

でも、他のドライバー職について考えると、このタクシー

ほどユルイ仕事はないはずです。これについては誰も異論

はないように思えます。トラックを運転するわけでもなく、

小うるさい上司もなく、到着時間が指定されるわけでもなく、

お客様とのコミュニケーションで特に気を遣うわけでもなく、

駐禁のリスクに対処できないわけでもないですし。配達の

仕事ではそうはいきません。給料も他のドライバー職に

比べて優遇されてます。これは間違いないですね。絶対的

な事実です。

 

週にたった3回働くだけで手取り30万以上の給料を貰える

仕事は他にはありません。体力が必要な力仕事とも無縁です。

如何でしょうか?これからドライバー職に転職を御検討の方、

トラックの運転手とタクシーの運転手、どちらが得でしょうか?

より有意義な転職とは?この選択を間違えなかったから今の

私がいます。確かに、最初は不安でした。全く知らない東京

で全く経験のない仕事に就くことへの不安は大変なものでした。

 

第一、道も知らずにタクシーなんて務まるわけありません。

実は私、大の方向音痴です。プライベートで運転するときも

ナビが欠かせません。今では23区ならほぼ大丈夫ですが、

よその県にいく時は、やはり迷ったり間違えたりしてます。

まあ、プライベートなので特に気にしてませんが。

そんな私が、方向音痴を自覚している私が、東京でタクシー?

今だから言えますが、昔の知人はそんな私をバカにしたものです。

 

大丈夫?お客を乗せて迷子になるんじゃない?

なんて言われたものです。ハッキリ言います。ナメてました。

だって、求人広告には全車ナビ完備で新人でも大丈夫って

書いてましたから・・・・。半信半疑ではありましたが、

まあ、何とかなるだろうみたいな。そんな淡い期待はすぐに

吹き飛ばされてしまうのですが。当然です。

 

仙台での面接を済ませ(当時私は福島にいたので)、即決採用

が決まり、即入寮の手配をしてもらい、数日後には東京へ。

それからほぼ1か月間は研修期間。2種免許取得、地理試験、

幾つかの講習を経て初常務に臨むわけですが、意外だったのが

2種免許って実技試験免除なんですね。これには驚きでした。

地理試験もカンタンにクリアできました。しかし、この時

ハッキリ解かったことがあります。東京地理は甘くないと

いうことが。

 

地理試験の問題集で都内の主要幹線道路の地図を学ぶ過程で

私は真っ青になりました。なんだこれ??これ覚えるの??

どうやって??無理だろ、こんなの!!

はい。正直に言います。これがその時の率直な感想でした。

地理試験はハッキリ言って所詮形だけのもの。東京地理の

何たるかを具体的に、そして実務的に学べるものでは決して

ありません。たかだか1週間でクリアできる程度の内容。

当時の私にとっては逆に有難く感じたのですが、初常務

以降はそうはいきません。悪戦苦闘の毎日の始まりでした。

 

タクシーの研修とは、あってないようなものです。

乗務員登録さえ済めば、さあ、やってみよう!!

と、いきなりやらされます。ムチャクチャだろうって

感じですよね。右も左も解からずにです。当時の

私は池袋の東口から新宿の西口に行く経路が解からず、

お客様からかなりキツく怒られたものです。

今でも忘れられません。勿論、この経路は高田の馬場

経由で線路沿いの道から職安通りでUターンして

小滝橋通り左折で行くのですが、この経路を教えて

くれた有難さは感動ものでした。こんな便利な道が

あったんだ!!ありがとう!!って感じでした。

 

新人にとって、地理の学習とはお客様に教わること。

上記の例はほんの1例に過ぎません。実務的経路とは

お客様に教わらなくては身に付きません。道も

知らずに道案内で運行して運賃が貰える。こんな

有難い仕事が他にあるでしょうか?

しかも、ドライバーにとって最大の財産である地理

の知識まで同時に得られるんです。お客様は神様です。

少なくとも新人の内は。

 

道は教わらなければ覚えられません。少なくとも実務的

レベルでは。自力で学ぶなら圧倒的な努力と能力が必要

でしょう。プロのドライバーになる為には、教わった知識

を積み重ねることが必要です。毎日の運行ルートを確認し、

少しずつ走った道を繋げていくんです。そしていつかは23

区全てに繋がる。この気が遠くなるような小さな努力を

毎日(??)欠かさず繰り返すんです。できれば

自主的な努力も伴った方がいいのは言うまでもありま

せんが、これは実際大変なことです。これを実行する

方はほんの僅かでしょう。普通しないはずです。なので、

 

新人さんが23区を無難に走れるようになるまでに

かかる時間とは2~3年と言われています。

小さな努力をコツコツ積み重ねてこの位の時間が必要

なんです。お客様を先生とする学習は、間違いなく

実務的で一般的ですが、これに留まっていては無駄な

時間を浪費してしまいます。自主的な姿勢も必要でしょう。

何故なら、地理不案内は危険だからです。違反、事故、

クレームに直結します。言うまでもありません。

自力で学ぶことは困難だと言いましたが、これを

ご覧になっている皆さまは1人ではありません。

 

皆さまが経過すべき経験と研究を代行する当教材は

数え切れない程のお客様の親切で好意ある情報から

できています。私の自主的な努力も加わりますが。

しかし、やはり、私もお客様から教わって学んできた

のは間違いありません。これこそが本当の価値ある

知識になるんです。財産なんです。この価値を平等に

共有できる機会は、そうそうないはずです。いえ、

現実的にほぼないはずです。如何でしょうか?

 

当教材はこれを平等に共有するものです。ですから、

これをご覧の皆さまは1人ではないんです。

この機会を無視するなら、2~3年という永く、過酷で

危険な綱渡りを自力で渡らなければならないんです。

誰もが確実に成し遂げられるとは限らないでしょう。

 

東京地理は自力で学ぶなら気が遠くなるほどの困難

が強いられますが、適切な指南の下で学ぶなら、決して

難しいものではあろません。いえ、何も難しくありません。

断言します。難しいというのは、ただの勘違いなんです。

無意味な固定観念なんです。上記の明治通りの迂回経路

のような目から鱗のようなノウハウは他に幾つもあります。

独学では決して分からない盲点ともいえるノウハウが。

この実務的ノウハウをもってすれば東京地理など何も

怖くないんです。毎日コツコツと積み重ねるべき運行

ルートの確認に加えて、ほんの少々の自主的な努力も

同時に積み重ねれば、2~3年などという途方もない時間

は無用です。その10分の1で十分。(個人差はある

でしょうが)しかも超簡単で楽チンな学習でいいんです。

当教材の超基礎編は無料公開してます

ので是非ご覧頂き、これについてのご理解を頂けたら

と思います。有難うございました。

 

ameroad.net